読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォレスタン目録-映画・本・漫画のおすすめ作品紹介ブログ-

映画・本・漫画などのおすすめ作品を紹介するブログです。原則としておすすめ品しか書きません。好みである歴史系に偏ると思います。

ローマ人の物語

ヨーロッパ史

 

 上級者向けの歴史小説です。

 

ローマ史に興味がある人向けです。

 

 著者の塩野七生氏は古代から中世にかけての歴史小説を書いている作家です。その塩野氏が15年かけて書いた本が「ローマ人の物語」です。ローマ建国から共和制、帝政からキリスト教の需要、東西分裂から西ローマ帝国の滅亡、そして締めくくりにゴート戦争によるローマ元老院の消滅までを全15冊で書いています。特定の主人公に焦点を絞っているわけではなく、まるで歴史書のように、人物のストーリから政治制度・インフラなどを叙述しています。ただしカエサルだけは特別に2冊単独で立てています。

 

 ローマ史を踏み込んだ形で知るという点では、良い本だと思います。特に1000年以上に及ぶローマ史を一人の著者が書いているを言う点で、妙な重複もなければ、話が飛ぶということもありません。小説なので、面白くするための工夫も凝らしています。

 しかし、これはあくまで小説です。事実と異なることがあったり、ローマ人を美化しているところも多くあるので、鵜呑みにしないように注意が必要です。一例を挙げると、キリスト教が普及し始める時期のローマ皇帝が、死の直前まで洗礼を受けなかったことを、著者は教会の下になりたくなかったからだとしています。しかし、実際は単に洗礼を受けてからの罪を少なくしたいだけです。このような箇所はよくありますが、私なりの見分け方として、「ローマ人はすごい」と思うところを怪しいと思えばいいでしょう。